Mr. Minimalism and His Overall

f:id:notyouraverageminimalist:20151122161740j:plain

ミニマリズムのアーティストのひとり、カール・アンドレ氏。

ニューヨークに暮らしていたころ、よくお見かけしました。

まあるいお顔に赤いほっぺで穏やかに微笑んでいて

どんなときも決まってオーヴァーオールを着ていて

世界的に有名なアーティストというより

庭師か木こりにしか見えませんでした。

アメリカのインタヴュー・マガジンでの

友人のバーバラ・ローズさんによるインタヴューの冒頭には

50年代の終わりに、アンドレ氏が

「世界一ケチな」編集社Prentice Hallでの週給30ドルの仕事を

「勤務日数が1日足りず休暇をもらえなかったため」辞め

戻ってきて、床に投げ捨てたネクタイを踏みつけながら

「ミドル・クラスを辞めてやる!と言った」

というエピソードがでてきます。

これを読んで

もしかしたらあのいつものオーヴァーオール

動きやすい作業着とか制服的なものとかではなくて

少なからず彼の思想の反映をしたものだったのかも知れない…

おもったのでした。

バーバラさん、ミーはそこんとこ訊いてほしかったです。

だって本当にいつもいつもいつもオーヴァーオールを着ていたから。

掲載されたポートレイトでもやっぱり着ているのがわかります。

f:id:notyouraverageminimalist:20151123125735j:plain

Remove all ads