Thombly Days

f:id:notyouraverageminimalist:20161003145340j:plain

フルーヴィアが暮らしてた大きなロフトの奥の窓からのぞくと

向かいのビルの下の階にトゥンブリーのアトリエがあって

運がよければこの画家が行ったりきたりしてる様子が見られた。

なんというおもいもかけないギフトだろう。

初めてフルーヴィアからそのことを聞いたときには

ミーもわが耳を疑った。

トゥンブリーって、あの、トゥンブリー?本当に?

トゥンブリーはななめ上の部屋から

シークレット・アドマイヤーたちがじっと見てるなんて気づいてない。

気難しそうに創作に向かうトゥンブリーを観察するのが

フルーヴィアのひそかな楽しみだった。

 

Remove all ads