Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Can't Quite Put My Finger on...

f:id:notyouraverageminimalist:20160301222832j:plain

トム・フォードの世界観は相容れない。

ミーはもっとラフでカジュアルな方が心地よいから。

プライヴェート・ブレンドの香水もゴージャスすぎて

好きな香りはない…とおもっていたのだけれど

このコレクションのさまざまな香りがいっしょくたになると

えもいわれぬほどよい香りになることに気がついた。

その香りは、ミーがこどものころ好きで通っていた

成城のちいさな雑貨やさんに漂っていた

甘い蜜のような香りと、とてもとても似ている。

こどものころ、平日の夕方、自転車で成城にいって

その雑貨やさんでおもうぞんぶんよい香りにひたってから

当時小田急線の線路の脇にあった

成城学園の馬術部の馬場の横で馬を眺めてた。

あのなつかしい香りを久しぶりにおもいだして

初めはもう、この香りの正体をつかもうと必死だった。

だけどそんなことはどうでもよくなって

それよりも、この香水たちを混ぜ合わせて美しい香水瓶にいれて

ミーだけのマイ・プライヴェート・ブレンドを

つくるのもいいかなっておもいはじめてる。

 

広告