Shaking Hands

f:id:notyouraverageminimalist:20170220142749j:plain

宅配便をミーマミの家に取りにきてもらうようにして数か月。

だってオートロックのロビーの扉とかなくて

玄関先に置きっぱなしにして出かけられるから。

でもそれはイコール宅配便のおにいさんたちと

夕方おしゃべりできなくなってしまったということでもある。

あるひの夕方駅前で宅配便の車とすれちがって

もしかして…って

なかをのぞいたらいつもきてくれてたおにいさんがいた。

にっこり手をあげてあいさつをしあって

商店街を歩いてたら、後ろからミーの名前を呼ぶ声がした。

あ、おにいさん!車とめて走ってきてくれたの?

すごくなつかしくてうれしくてお互いの近況報告をして

別れ際、じゃ、お元気で

って手を差し出されて握手をした。

その手の暖かさに泣きそうになった。

こういう瞬間はたぶんずっとわすれないんだろう。

 

Remove all ads