New BFF, New Circle of Friends... Getting Over It, Shaking Everything Off...

f:id:notyouraverageminimalist:20171204094225j:plain

What a weekってかんじだった。

だって知りもしないひとからいきなり

「初めて会ったときから気になってて…お友達からお願いします!」

なんて、seriously? って、あれは11月21日のこと。

あの日からミーの新しい世界のすべてがupside downってかんじで

あんなに、もうミーの人生すべてを賭けて好きだった彼の本性を知って

死ぬほど落ち込んだし、自分の見る目のなさをなげいたし

そしてなにより、それでもあきらめられない自分をのろうような気持ちで

でも嫌悪感と嫉妬心でいっぱいだったミーの周りには

いつのまにか新しい友人たちの輪ができてて

そう…もう親友と呼んでもいいくらいの女の子と

体育会系男子なみにピザをがっつきながら

ガチで本音女子トークを繰り広げてたら

どうにかやっと見るべき真実が見えてきた。ふう。

自分の好きなひとを口論でやりこめるなんてミーのやりかたじゃない。

でもそれだけのことを彼はしたわけだし

ミーはたぶん彼のことをもう許すことはできない。

あんなにまっすぐに好意を示してそれでも無下にされて

裏切られて嘘をつかれてごまかされて

こんなにつらいおもいを味わうために自分は生きてるのかって

ね、そんなミーを救ってくれたのは新しい友人たち。

ミーは神さまに祈るような気持ちでおもう。

どうか、どうかミーからこの友人たちを取らないでくださいって。

がっちり周りを取り囲まれて支えてもらってどうにか立ってる。

今のミー。