Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

When There was No Internet

f:id:notyouraverageminimalist:20160926141712j:plain

小さな写真を見て竹むらに行った。

そう、インターネットもなかった時代のこと。

ぼろっとした古いお店、どきどきしながらのれんをくぐると

おじいさんたちが嬉しそうに揚げまんじゅうをほおばってた。

これでいいんだ、ってなんかほっとしたのをおぼえてる。

スイーツ男子とかそういうんじゃなくて。

油がじゅわっとしみだすあつあつのおまんじゅう。

あ~、家族にも買ってかえんなきゃ。

あのころ、ミー家には電子レンジもなかった。

でもすべてが満ち足りてて、なにより時間がたっぷりあった。

だって、電車乗り継いで淡路町くんだりまで

甘味処でおまんじゅう食べるためだけに行ってたわけだから。

右も左もわかんない街を紙の地図を頼りに歩いて。

蒸し器があればたいていのものは温めなおせる。

そういう感覚。

ミーはいまでも大切に持ってたいとおもってる。

 

広告