Pride

f:id:notyouraverageminimalist:20160919150325j:plain

新潟からはるばる運ばれてきた新野屋の羊かん。

しおりには「生きている」羊かんと書かれていたけれど

その言葉がとてもしっくりくる。

日に日にテクスチャーも味わいも変わってくる。

いつも食べてるとらやの羊かんを超えてるね。

っていうかもはや別次元。

と、ミーマミにいったら

「これをくださったひとも『とらやを超えてます』っておっしゃってたのよ」

って、「お口に合うとよいのですが」なんていわずに

その自信にみちあふれた態度がいいね。

この羊かんはもしかしたら新潟のひとたちの誇りなのかもしれないなぁ。

黒砂糖がたっぷり使われてるのにさっぱりとしていて

ミーなんて一気に一本食べられちゃいそうな美味しさ。

無類の羊かん好きのディーさんの次回の帰国に合わせて

何本かお取り寄せしちゃお。

 

Remove all ads