Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Just About to

f:id:notyouraverageminimalist:20160916135549j:plain

ーキッドソレイユの香りはなにかをおもいださせる。

知り合いのだれかが似たような香りをまとっていたとか

そういうことじゃなくて、もっと情景的なことだ。

おそらくそれは古い美しい映画の1シーンみたいなもので

それをミーが勝手に自分のなかで結びつけてるだけで

きっと永遠におもいだすことはないんだろう。

でもそれでも…

むせかえるような濃密な夏の花園のようなこの香りを

苦手なんて言葉で切り捨てることなんてできない。

深呼吸をして、そのなにかってやつをおもいだそうとやっきになる。

そうやってずっとむだな努力を続けるんだろう。

 

広告