Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Til the Last Drop

f:id:notyouraverageminimalist:20160914134123j:plain

こないだディーさんがインドネシアに帰る直前に

スーパーに買いに走らされた緑茶のティーバッグ。

同僚の女の子に

「ペットボトルに入れたら何度もお水を継ぎ足して飲めるよ」

っておすそわけしてあげたらしい。

その4日後

「これってどのくらい持つの?」って訊いてきた彼女の手には

透明の水とふやけたティーバッグの入ったペットボトルがにぎられてたそう。

「もうあの子にはティーバッグ分けてあげない!」って

ディーさんはばかみたいに憤慨してたけど

「ディーさんが何度だって使えるって教えてあげたんじゃん?」っと

ミーは言ってみた。

新しいティーバッグあげればいいのに~。

「だって、もう溶けてんの、紙が。それに、もうただの水なんだよ!」って

そりゃー溶けるよ、4日も入れてたら。

だいたい、そもそも何度も水を継ぎ足して飲むものじゃないっつーの。

ユーたちふたり、ぜんぜん50歩100歩だからね。

まぁでもそうやって彼らはあっついインドネシアの片田舎で

2グラムしか入ってない煎茶のティーバッグを大事に大事に飲んでいる。

それでミーも毎回10グラムのお茶を使ってるんだから

最後に出がらしを冷やしておいてディナーに飲むことにした。

ムジカのアールグレイ、そうやって飲んでもすこぶる美味しいことを発見。

 

広告