Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Lioness

f:id:notyouraverageminimalist:20160819140333j:plain

朝、部屋を出て、運がいいと管理人さんに会える。

ほわほわの髪の毛とがっしりとした体格のせいか

彼女は堂々とサヴァンナを歩くライオンみたいに見える。

おはようございま~す!とあいさつをして

たわいもないおしゃべりをする。

きまぐれな天気のこととか

どこの部屋にどんなひとが越してきたかとか。

数年前、ミーが理事会の会長をつとめたとき

駐車場の空きが埋まらなくて経済状況が悪化していて

苦渋の決断だったけれど管理人さんの勤務日数と時間を減らした。

ミーは遠くに住んでいる彼女が毎朝5時台に家を出て

うちに働きに来てくれてることを知ってたから

時間を減らすのは本当に申し訳なく、情けなかった。

往復4時間もかけてきてくれてるわけだから

こんなにも勤務時間を減らしてしまったら

辞めてしまうのも仕方ないと覚悟していた。

でも彼女は辞めないでくれた。

朝、彼女のほわほわの髪の毛が太陽の光を浴びて

たてがみみたいに輝いているのを見ると

「あ、いたいた、ライオン」と嬉しくなる。

そして、なんてことのないおしゃべりができることも。

ちょっとした愚痴が混じってたって。

たとえば廊下に何箱も段ボールを積み上げてる5階の住人のこととか。

「こんど、見にきてくださいよ~」って、うん、行く行く。

 

広告