Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Life is NOT Short, Take the Time to Enjoy a Cup of Coffee

f:id:notyouraverageminimalist:20160731164601j:plain

ずっとずっと昔、珈琲やさんでお仕事をしてた。

ヨーロッパで買ってきたというアンティークのテーブルや椅子。

リチャード・ジノリのカップ&ソーサー。

小さい音で流れるクラシック。

エレガントなそのお店にくるお客さまも

みんな静かでシックな方ばかりだった。

お仕事なのに、毎日、避暑地を訪れるような清涼感があった。

あの、美しく心地のよい空間を

働くひと、お客さん、みんなでシェアしてたんだなっておもう。

午後3時になるとカウンターのなかから

「今日はなにを飲む?」と声をかけてもらえる。

ミーは甘くしてミルクを入れなければ珈琲を飲めない。

でも、お店の自慢のブレンドを理解しようとして

何度もストレートの珈琲をお願いした。

けっきょく、最後まで理解できないままだったし

いまでもストレートの珈琲は飲めない。

だけどあのときそうやってトライしたこと

それで、今でもたまに珈琲を飲んでみようかなっておもえること

それが超邪道な練乳入りの激甘なやつだって。

おおげさかもしれないけど、なにごとも経験だなっておもう。

そうして、経験を積んだいまが一番いいとき。

けっして昔に戻りたいとはおもわない。

 

広告