Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Piece of Serenity

f:id:notyouraverageminimalist:20160604151713j:plain

大学生のころ、キャシー・ローズの家に2つ部屋を借りていて

キャシーのお母さまが生前アレンジした

それはそれは美しい内装のなかで夢のような毎日を送っていた。

写真家だったキャシーのお父さまが設計したという

あの素晴らしくモダンな邸宅をミーは一生忘れないだろう。

キャシーがその家を手放すことに決めたとき

無理をしてでも購入しなかったことをいまでも後悔している。

迷ったけれど、あの頃のミーは20歳かそこらで

まだ家を持つなんて若すぎる気がしていた。

だけどそれでも、その美しい家で暮らしたことによって

お会いしたこともないキャシーのお母さまから

ミーはしっかりとそのテイストを受け継いだ。

テイストが定まっているということは迷いがないってことだ。

そして迷いがないっていうのはしあわせなことだとおもう。

 

広告