Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Crushing on Mr. Foyle

f:id:notyouraverageminimalist:20160501152913j:plain

世界中どこを探したって

フォイル氏以上に素敵なおじさまはいない。

自信があっても謙虚で

威厳があるけど優しくて。

深く帽子をかぶってコートの裾をはためかせて歩く姿が

イギリス郊外の街ヘイスティングスによく似合う。

ミーがすごく好きなのが、アメリカ軍のキーファー大尉から

捜査に協力しなくてごめんね、と謝られるシーン。

「Maybe I behaved like a jerk」と謝るキャプテンに

「Well, you did what you thought was right」といっておきながら

ジャック・ダニエルを飲もうと基地へ向かう車のなかで

「By the way, what is a jerk?」

ジャークって何?乾燥させたお肉とは関係ないよね?

とフォイル氏がイノセントに訊ねるかわいらしいシーン。

これを聞いて、あ、ジャークってこんな前からあった言葉なんだ

しかもアメリカ英語だったんだ、っておもったミー。

Anyway, my big big crush on you, Mr. Foyle!

 

広告