Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Proud of Being Japanese

f:id:notyouraverageminimalist:20160428143607j:plain

こないだミーマミの家で

世界のマジシャンたちが集結するテレビの番組をみてたら

みんなそれぞれアクセントの違う英語でインタヴューに答えてた。

なかでも台湾からやってきていた、ホレット・ウーさんの

ばりばりチャイニーズ・アクセントの英語が

ミーには妙になつかしくかんじられた。

ニューヨークにもああいう英語をしゃべるひと、たくさんいたから。

ホレットくんがしゃべる様子があまりにも魅力的で

ミーもジャパニーズ・イングリッシュに戻そうかなとおもいはじめた。

ちょっと堅苦しい文法で、カクカクしたしゃべり方で

たまにうまく発音できない単語がある。

そういうジャパニーズ・イングリッシュで

堂々と異国のひとたちとコミュニケーションをとる

日本人の研究者や技術者のひとたちをみたときもミーはぐっとくる。

英語なんて下手でもいい。

なにを伝えるかが大事だよね。

いまさらジャパニーズ・イングリッシュでしゃべるのは

ミーにとってはビッグ・チャレンジなんだけど

これからの人生、そうやって生きたいといまは考えてる。

 

広告