The Gift of Imagination

f:id:notyouraverageminimalist:20151004152949j:plain

セントマークス・ブックストアのウィンドウに

発売されたばかりのLife of Piを見つけたとき

表紙の装丁を見ただけなのに

このなかに書かれている物語が

自分の人生を変えてしまうような予感がしました。

家族とカナダに移住するはずだったのに

嵐で船が遭難し

救命ボートに残ったベンガルトラと

漂流の日々を過ごすことになってしまった

インド人の少年、パイ・パテル。

ヒンドゥ教、イスラム教、キリスト教のそれぞれに魅了され

家族にさえも理解されずに過ごしていたインドでの少年時代。

来る日も来る日も絶望的に海が存在するだけの漂流の日々。

わずかずつ変化していく、トラのリチャードパーカーへの想い。

作者のヤン・マーテルのつくりあげた

奇想天外なこの物語に

想像力を必死に働かせながら食らいついていきました。

そう、こどものころも、見たことのない世界を

自分なりに想像しながら小説を読むのが大好きでした。

想像することは贅沢な楽しみ

想像力は財産だとおもいます。

だからこの素晴らしい物語を

誰かが映像化したものを見たいとはおもいません。

自分で想像して自分で解釈したパイの物語が

ミーのなかでずっと生きているのです。

f:id:notyouraverageminimalist:20151004153058j:plain

 

Remove all ads