Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Good Bye Noir

f:id:notyouraverageminimalist:20160108135549j:plain

「レネットとミラベル 四つの冒険」の2話めから4話めは

レネットが田舎から出てきて

ミラベルと暮らし始めたパリでのエピソード。

レネットはまっすぐでピュアーであか抜けなくて

ちょっと変わっていて絵を描くのが大好きな女の子。

この映画は我が道をいく彼女の強いキャラクターがあってこそ。

でもミーが惹かれたのはパリジェンヌのミラベル。

都会っ子のミラベルはシックで洗練されていてエレガント。

彼女がとても素敵に見えて

10代だったミーは少しずつ黒い服を着るようになった。

黒い服ってちょっとアディクティヴになるとおもう。

本来の自分よりも強い自分になれる気がして。

それになにより上質な素材の黒は美しい。

ミーのクロゼットは黒いカシミアだらけになった。

そうやって何年間も黒い服を着続けたけれど

あるとき、もう黒い服は買わない、と決めた。

なぜって、黒という色はしあわせの色ではないと気付いたから。

うまいこと黒を着ればたしかにシックには見えるかも知れない。

あるいはエレガントにさえ。

でも、大事なのは他人に自分がどう見えるかじゃない。

自分が内側からハッピーとおもえる方が大事。

そのことに自分で気づけたこと、これはミーの財産。

美しい色の服を身にまとう方がずっとしあわせだ。

 

広告