Beautiful Life

f:id:notyouraverageminimalist:20151221213038j:plain

あれがいつのことだったか

ぴゅい~っと車に乗せられて連れていかれたのがどこだったのか

まったく覚えてないんだけど

ニューヨークからジャンが遊びにきてて

何人かの友人たちが計画して

古い日本の民家が移築されて展示されてる場所に

ジャンを連れてってあげようってことになった。

その場所では家のなかに実際に入ってみることもできて

ミーはその簡素さ、装飾のなさにこころをうたれて

もうジャンなんかそっちのけで、時間も忘れて見入ってしまった。

畳が3畳だけ敷き詰められたとてもちいさなお部屋に

「ミーこのお部屋で十分だな~」とうれしくなったり。

初めてかまどをみて「究極のシンプル・キッチンだね~」とか。

「まんが日本昔ばなし」をみていたときにも感じてたことだけど

昔の日本のひとたちって狭い空間に住んでいて

あんまりものを持ってなかったとおもう。

今、ものは持ってないけどパソコンはあるよ、とか

スマートフォンは手放せないとか

そういうのとは根本的に違う、ほんとうに素寒貧なかんじ。

でもどんなに質素な暮らしをしていても

なんにもないちいさな家に住んでいても

外に出れば田んぼがあって美しい自然があって

美味しい食べものもたくさんあって

気持ちは満ち足りてたんじゃないかな。

そういうのがほんとうの豊かさなんじゃないかな~っておもう。

 

Remove all ads