Being Different is an Advantage

f:id:notyouraverageminimalist:20151213131014j:plain

日本の学校で先生が出席を取るとき

自分の名前を呼ばれた生徒は「はい」と答えるとおもう。

だけどアメリカでは「Here(ここにいます)」と答えていた。

これにはもう参ってしまった。

だってHereって発音がむずかしいから。

なんで「Yes」じゃないの~!っておもった。

ミーがどんなに頑張ってアメリカ人っぽく「Here」って答えてみても

クラスの初日はみんながいっせいに「はっ!」と

ミーの方を振りかえって見た。

みんなにぜんぜん悪気はなくて、ただ

「毛色のちがう羊がまぎれこんでいるぞ」

ってかんじでミーのことを見ていたわけだけれど

ミーは「なんでそんなに一瞬でわかっちゃうの?」って

みんなにみつめられながら居心地がわるいおもいをしていた。

だけどそのうち「毛色のちがう羊」だからこそ

みんなに興味を持ってもらえて、話しかけてもらえて

親切にしてもらえるんだってことがわかってきた。

「ちがう」ってことはアドヴァンテージなんだ。

そうわかってからは

可笑しな発音でも胸を張っておおきな声で「Here!」って答えて

ミーのことを振りかえって見るみんなに

微笑んでみせる余裕もできた。

 

Remove all ads