Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Fish?

羊かんの横にそっと添えられていた「名物 網代焼」。 小魚型…?って、よくみるとたしかにそう…見えなくもない。 その微妙さに微笑んでしまう。 ミーはだいたいこういうのに弱い。

Pride

新潟からはるばる運ばれてきた新野屋の羊かん。 しおりには「生きている」羊かんと書かれていたけれど その言葉がとてもしっくりくる。 日に日にテクスチャーも味わいも変わってくる。 いつも食べてるとらやの羊かんを超えてるね。 っていうかもはや別次元。…

My Biggest Crush on...

ドュバイのハムダン皇太子が大好きだ。 皇太子だからとかお金持ちだからとか 仕事ができるからとか政治に長けてるからとか そういうことで好きなわけじゃない。 そもそもミーはロイヤルファミリーにはまったく興味がない。 ミーがダンダンが好きなのは なに…

This Minimalism

羊羹のミニマルさが好き。 どてっと単純な形。 でも無駄がない。 どこからどこまでも濃茶色。 派手さはないけど すこぶる甘く 小豆の香りが口いっぱいに広がって 何杯でもお茶が飲める。 こういうものにミーもなりたい。

Just About to

オーキッドソレイユの香りはなにかをおもいださせる。 知り合いのだれかが似たような香りをまとっていたとか そういうことじゃなくて、もっと情景的なことだ。 おそらくそれは古い美しい映画の1シーンみたいなもので それをミーが勝手に自分のなかで結びつけ…

No Shopping

いつのまにか、おかいものにでかけなくなってた。 若いころって、スタイリストの友人と連れだって お店からお店へと新作を見てまわって 疲れてカフェでひと休みしてまたお店をめぐって… ってそんなことも平気でできたしそれが楽しかったけど いまは一年に数…

Til the Last Drop

こないだディーさんがインドネシアに帰る直前に スーパーに買いに走らされた緑茶のティーバッグ。 同僚の女の子に 「ペットボトルに入れたら何度もお水を継ぎ足して飲めるよ」 っておすそわけしてあげたらしい。 その4日後 「これってどのくらい持つの?」っ…

Symptoms of Addiction, but Never Going to Rehab

まぁアディクトだよね。 でもそういう人生を選んでる。 ミーにとってお茶がない人生なんて人生じゃないから。

Single, Independent and Adventurous

年上の新しい友人は大学生。 彼女の生きざまに勇気づけられてる。 この友情が永遠に続きますように。

Beautiful Scents

新しいトムフォードの香りは コンポジションを見たときから フェミニンすぎるかなっておもってた。 チュベローズを自然に表現している香りはあまりないようにおもう。 キリアンですら、ファーストノートは強すぎてくらくらする。 でも最近いいことをおもいつ…

Paths that Never Cross Again

「いまさらなにしにきたの」 って門前払いされることがこわくて それから逃げていたらだめだ。 そういわれるだけのことをしたんだから。 土下座してでも 額を地面にたたきつけてでもお詫びをして 許しを乞わなければいけない。 人生にはそういうときがある。…

Don't Let it Slip Away

中学校に上がったばかりのころ。 それまでずっとたったひとりで読書を続けてきたミーに おなじく本好きな友達ができた。 学校から帰って着替えてから待ち合わせて 駅前のバースキンロビンスでアイスクリームを食べて それからのんびり歩いて図書館に行った。…

Keep Calm and Drink Tea

旅にでるときには、かならずバッグにお茶をしのばせていく。 ホテルの部屋について、電気ケトルでお湯をわかして淹れた のどをやけどしそうなほど熱いお茶をすすっているとき なんともいえないしあわせをかんじる。 つくづくお茶って神さまからの贈りものだ…

Nice Surprise

てっきりピーナッツ型の小さな最中のなかに ピーナッツクリームが入ってるんだろうとおもって 迷わず2袋買い物かごに放りこんだピーナツ打。 家に帰って食べてみたらピーナッツ型の落雁だった! でも、きなこの風味が中国茶に合って美味しい。 2つ買っといて…

Meeting a Beautiful Soul

数週間前の小雨のぱらつく朝 アパートの裏口の扉を開けると風のように誰かが通り過ぎていった。 一瞬のことだったから、気にもとめずにゆっくりじぶんの自転車まで歩いていって 開錠して、サドルの雨粒を拭いて…ふと顔を上げると 出口のドアをずっとホールド…

Yellow is the New Gold

こどものころから黄色が似合うって着せられてきたけど あれは完璧にミーマミの趣味だったとおもう。 でもいつのまにか黄色が好きになってて 気が付くと黄色のものに囲まれてる。

Love the Body that I'm in

魂は永遠だから、この人生のあとに来世があるかもしれない。 そしてまたその次もその次もその次も。 でもこの人生でもらえる肉体はひとつだけだ。 だからどんな肉体をもらおうともそれを愛した方がいいとおもう。 そしてとことん活用しちゃうのが。

Enjoy What Life has to Offer

いまではかんがえられないことだけど こどものころのミーってものすごく病弱だった。 だからこんなに長く生きられるなんておもってなかったし たぶんだからこそいま毎日をギフトのようにかんじてて 人生を楽しみつくしたいという気持ちが人一倍つよいように…

Aesthetics

どこか遠いヨーロッパの国の ミツバチみたいな黒と黄色の そっけないキャンディの包み紙の その強さ、美しさにはっとさせられる。

Never Ending Summer

走っているとき、よくセミにぶつかる。 でかい図体のわりにはすかっと軽いかんじ。 あ、ごめんごめん、邪魔しちゃった。 にぎやかなセミの鳴き声。まぶしい太陽。 陽にあたりすぎてひりひりする頬。 冷たいマルコポーロのお茶。 まいにち2回食べるアイスクリ…

Cameron Highlands

いつの日かリタイアしたら、MM2Hを取って キャメロンハイランドに暮らすのもいいかなっておもってた。 さわやかな風が吹き抜ける高地のホテルに暮らして ホームメイドのスコーンをかじりながら紅茶をすすって 気が向いたらトレッキングにでかける、みたいな…

What's Even Better

実はもっと嬉しかったのが 一袋だけ持って帰ってきてくれたピーナッツ。 飛行機が飛び立って ピーナッツが配られると なんであんなに嬉しいんだろう。

Travelling a Long Way

ミーマミが無事にマレーシアから帰国した。 キャメロンハイランドでBOHの茶園を訪れたからと ミーの大好きなキャメロニアンを買ってきてくれた。 バックパックにぎゅうぎゅうに詰められてへこんだ箱がいじらしい。 ミーも70代になったとき、ひとりででっかい…

Shimokita, My Hometown

中学生くらいのころって 古着屋さんにダッフルコートを探しにきたり ラパンアジールでアクセサリーを買ったり 駅前の立ち食いそば屋さんで熱あつのおそばをかっこんだり 下北沢はミーたちにとって一番近い都会で ミーなんて目をつむってても歩けるくらい 細…

Indian Summer

ほんとうに8月?てくらいの不気味な曇り空と ちょっと涼しすぎるくらいの風。 まだまだ夏を楽しみたいのに!ておもいながら これから訪れる美しい季節にもおもいを馳せてる。 ディーさんはよくメールでおなじことを繰り返し書いてくる。 遠慮なく「それこな…

Home Cooked Meal

最近あまり外食をしなくなった。 すごく簡単なものでもいいから 自分でつくって食べる方がいいとおもうようになった。 それは自分の好きなようにつくれるとか 何が入ってるかわかるから安心とか そういうこともあるけれど 家でゆっくり落ち着いて食べる その…

That Simplicity

80年代のシンプルさをこよなく愛してる。 みんながパソコンにかじりついてなんかなかった時代だ。 ものごとはいまよりずっと単純で健康的だった。 少なくともミーにとっては。

Pretzels filled with Peanut Butter

プレッツェルとピーナッツバター 好きなものふたつがひとつになってるすごいやつ。 ミルクがさりげなく後ろに写ってるのが 一緒に食べろよってかんじで微笑ましい。

What You Rely On

無事にゴールしたランナーたちの多くが ほっとした表情で十字を切っていたのが印象深かった。 信仰とはどれほどの意味を持つのだろう。 ミーはいつだって興味深く考える。 永遠に答えの出ないクエスチョンだけれど 少しでも理解しようと努めること そして可…

Permanent Vacation

とんでもなく映画好きだったMaiに連れられて 若いころはしょっちゅう映画を観にいってた。 ジム・ジャームッシュのパーマネント・ヴァケイションは まったく内容をおぼえていない。 そもそもジャームッシュの映画で好きなものは1本もない。 だけどそのタイト…

Stand Alone

成功とは孤独なのではないかとおもう。 だれも真似できないほどの高みに登りつめたとき もうまわりにはだれもいないことにきづく。 だれも手をつないでくれてなんかないし 肩をたたいてもくれないし 背中をさすってもくれない。 つまりそういう状態をおそれ…

Write a Beautiful Story

ミーは強引な完璧主義者で 自分の気に入らないストーリーは書き直してでも 納得のいくストーリーに仕上げようとする。 登場人物が自分ひとりならそれは不可能じゃないけど ひとたびほかの誰かが入りこんできたのならば そのストーリーはたいてい書き直すこと…

Lioness

朝、部屋を出て、運がいいと管理人さんに会える。 ほわほわの髪の毛とがっしりとした体格のせいか 彼女は堂々とサヴァンナを歩くライオンみたいに見える。 おはようございま~す!とあいさつをして たわいもないおしゃべりをする。 きまぐれな天気のこととか…

Super Selfish

マレーシアの資料を英語から日本語へ翻訳しているとき ミーは以前翻訳の仕事をしていたことがあるにも関わらず この、翻訳ってのが大の苦手だってことをおもいだしてしまった。 英語を読むことができないだれかのためにきちんとした日本語に訳すということは…

Getting Ready for the Vacation

年中無休のミーには夏休みという概念はない。 でもディーさんにはもちろんある。 ずっと、チェンマイかホーチミンに行くといってたのに 直前になって、やっぱりマレーシアに行くといいだして それはいいんだけど、超直前でミーマミも招待したからさあ大変! …

Head to Toe

Eucerinのジャー、とっても大きい。 ラ・メールでもこんなサイズあったよね。 全身このクリームいっこでいけそうだから このサイズでも問題ないんだけど あまりに重たいから小さなジャーに移しかえた。 ヴェリマのローズクリームのジャーをゴミ箱から拾いあ…

New Rose Cream

ラ・メールのクリームがニヴェアに似てるって 一時期ニヴェアがもてはやされたけど ミーはあの匂いが好きになれない。 匂いってあっというまに気分を変えてしまう。 Eucerinのクリームは無香料なのがいい。 ローズのオイルを1滴混ぜてつかっている。

Overstock?

ミーはお茶好き。 とくに紅茶は毎日必ず飲む大切なお茶。 お茶がなくなりそう…? なんていう心配とは無縁でいたいから 紅茶のストックは絶対欠かさない。 ミーが一回に使う茶葉の量はたいてい10グラムで だから一袋350グラムのムジカのお茶も35回分でしかな…

Invisible Moods

朝、ベッドから起きあがってよろよろとバスルームに向かって 無駄にどでかいカウンターにこじんまりと並べてある精油のボトルを選ぶ。 そうやって朝の空気をつくりだして、一日が始まる。 どのオイルとどのオイルを組み合わせるかはその日の気分で でも、ゼ…

I Don't Care for Haruki

ミーのまわりは村上春樹好きがとても多い。 ニューヨークで仲良しだった韓国人のジャヒーも いつも春樹の本の話をしたがってた。 ミーはエッセイならなんとか読めるけど 小説はまったく理解できない。 高校生のとき、日本語の小説が読みたくなって そのころ…

Smoky Treat

ムジカのアールグレイは ラプサンスーチョンとか京都のいり番茶をおもいだす。 つまりとてもとてもスモーキー。 燻されたような茶葉にさらにベルガモットの香りが加わって ものすごく複雑でエグゾティック。 はじめはぎょっとするんだけど次第に慣れて いつ…

Chill

夏のよいところといえば 冷たい食べものをおもいっきり食べられるところ。 レモンとごま油とお醤油で味付けした とりにくときゅうりの和え麺はミーのランチの定番。

Dark Purple Jewels

ミーマミが山で摘んできてくれたブルーベリー。 まだ残ってたからチーズケーキに入れてみることに。 かんがえてみると、いつもスーパーマーケットで買ってるのは 日本産じゃない気がする。ずっと小粒だし。 大粒のフレッシュなブルーベリーをたっぷり使って …

Tea for Connoisseurs

ミーの夏のアイスティ用のアールグレイ。 「堂島・日本」って堂々と記してるとこにムジカの誇りをかんじる。 ミーもディグニティを持って日々生きなくては。

So Subtle

いちじくってびわみたいなものかな。 淡い、微妙な美味しさがある、ような気がする。 ミーがびわが好きっていうと、たいていのひとは 「とりたてていうほど美味しいものでもないでしょ」って 理解してもらえないんだけど ミーはびわほど美味しい果物はないと…

Melting Summer

溶けそうなほど暑い夏がやってきた。 スーパーマーケットに入るととても涼しい。 初めは涼しいんだけど すぐに冷蔵庫のなかにいるみたいに寒くなってくる。 こどもたちはとても正直だから、寒い~!ってさわいでたりする。 ふと見ると店長らしき太った男のひ…

Sharing the Experience

パリのAux Lyonnaisでチャイナのひとたちと食事をしたときのこと。 話題は中国の政治家の賄賂や汚職問題から始まった。 正直、ミーは政治にも政治家にも興味がなくて それが中国のものとなったらそれこそまったくちんぷんかんぷん。 困ったなぁと思いながら…

In Season

ミーマミが山に出かけておおきなブルーベリーをたくさん摘んできてくれた。 「好きにしていいよ」っていわれたら ミーはもちろんマフィンをつくる。 ブルーベリーはシンプルなマフィンがいちばん美味しいとおもう。 噴火してマグマが流れでてきた火山みたい…

Gift

ボネダンヌのくるみとゴルゴンゾーラのパンは フィリングが入れられているフチの部分が頼りなくひらひらしていて 素人がアーティスト気取りでつくったぶかっこうな陶芸作品のようで まぁこれはパンだからむしろ微笑ましいんだけど ミーはこれを見るたびに 陶…

Being Who You Are

中学生のころ同級生にドラアグクイーン系の男の子がいて とはいっても にぎにぎしいお色のアイシャドウをまぶたの上に光らせてるくらいで 普通に男子用の制服を着て登校してたし それよりなによりそれこそ存在しててごめんなさいってかんじで 細い弱々しい身…

広告