New Ramen

ディーさんの希望で煮干しラーメンの凪へ。 びっくりするほど濃くて でも全然もたれない。 ラーメンはずいぶんと進化してるな~。

Big Deal

もう在庫を持たないビジネスの時代かも知れない。 そもそもビジネスオーナーじゃなくて投資家であるべきかも。 でもね、ミーは心底ものを売る商売が好きなんだよね。 これは若いころからずっと変わらずにそう。 だからあともう少しこれを続けたいとおもって…

Steal

ボネダンヌのバゲットにパテをのせて かんたんなサンドイッチのランチ。 このパテほどお値打ちなものはそうそうないようにおもう。

One and Only

ドーヴァー海峡をわたってフランスに行くときに フランスは物価が高いからねって ミクヴィティーズのチョコレートがけのビスケットをわたしてくれた 超スウィートな男の子。 いまでも迷わずこれを手にとってしまうよ。

Enjoy All What Life has to Offer

そこいらじゅうにすばらしいギフトがちらばっている そのことに気づけるかどうかはこころのもちようしだいだとおもう。

Somewhat Meditational

歯磨きってやや瞑想的だとおもう。

Endless Possibilities

打ち込むことのない人生なんて なんて空虚な人生になることだろう。 だれも読む者がいなくてもかまわないから 自分にとって最高の物語をつむぐ そうやって生きていくこと。

Struggle to Death

ブランドもののバッグを持って通勤して こぎれいなオフィスでナイン・トゥ・ファイヴの仕事をする そんな人生つまんない。 倒れるまで走る、みたいに なんでもいいけど マニュアル通りじゃなくて すかしたかんじじゃなくて 死にもの狂いでいきたい。 ビーチ…

Beautiful Inside Out

ユニクロの服は絶対に着ない。 よい気を放っていないから。 お店からまず近づかない。 でも…。 ロシア人のマリアさんが着てた ユニクロのフリースのパーカは素敵だった。 すべてをロシアにおいて単身で日本にやってきたマリアさん。 毎日の半端ない運動量で…

Neat and Tidy

いいなぁとおもうひとはたいていクリーンなかんじのひと。 ちゃんと身だしなみが整っていて清潔でって それだけじゃなくて もっと 人生のすべてがオーガナイズできてるようなひと。

Someone is Back

見慣れない歯磨き粉発見。 無事に戻ってきたらしい。 早速餃子パーティの相談をしなければ。

Consumerism

ミーは百円均一みたいなお店が苦手。 無駄に資源をつかってつくりだした安っぽいものが うずたかく積み上げられてるのを見ると悲しくなる。 いま、世界はものであふれすぎているとおもう。 新しく作る必要があるものなんていったいどのくらいあるんだろう。 …

Thombly Days

フルーヴィアが暮らしてた大きなロフトの奥の窓からのぞくと 向かいのビルの下の階にトゥンブリーのアトリエがあって 運がよければこの画家が行ったりきたりしてる様子が見られた。 なんというおもいもかけないギフトだろう。 初めてフルーヴィアからそのこ…

Reality, Not So Nightmarish

また。 今度はMamiとニセ札を使ってショッピングをして追いかけられる夢を見た。 いつも夢に出てくるミーの大好きな超ゴージャスなどでかい百貨店で。 Mamiと一緒に必死に逃げまどうさなか、はっと目を覚まして 「やっぱ、まずいかな~」 っと今度は真剣に考…

When Pushing Myself Way Too Much...

このところずっと働きづめだった。 まずいかな、っておもっても、Goで行く人間だから。 友達からのメールをすぐに返さないなんて 大雨が降ってるわけでもないのに走りにいかないなんて いつものミーじゃないってわかってたけど 午前になったってかまわず働き…

Small Trip

ミーのビジネス・パートナー イタリアの小さな島で優雅にヴァケイション中。 「ここはあったかくてアイスクリームも美味しくて天国みたい」 って、ユーの故郷はもうすでに寒いからね~。 「ユー国民、アイスクリーム好きで有名だよね」 っていったら 「イタ…

Tiny Forest

遊歩道の小川のフチに もこもこに広がった小さな森をみるのが 最近のミーのひそかな楽しみ。

Impossible to Dislike

ここ数日、金木犀がよい香りを放っている。 一年に一度のお楽しみ。 ふと、Antonia's Flowersの香りは 金木犀の香りに似ていると気づいた。 嫌いになるなんてできない香り。 もう20年も使ってるけどこれからの20年も一緒だとおもう。

Life is Not All About Work

ティーンエイジャーのころからだってもう 人生が仕事だけではないことくらい しっかりわかってたはずなのにね。

When There was No Internet

小さな写真を見て竹むらに行った。 そう、インターネットもなかった時代のこと。 ぼろっとした古いお店、どきどきしながらのれんをくぐると おじいさんたちが嬉しそうに揚げまんじゅうをほおばってた。 これでいいんだ、ってなんかほっとしたのをおぼえてる…

Opportunity Loss

きのうスーパーの果物売り場で ミーの横で柿を陳列してたお兄さんに リンゴを持ったおばさまが近づいてきて 「このリンゴどんな味?」と訊いた。 お兄さんは「え、リンゴの味ですけど」と返した。 ミー、もう、Seriously?ってかんじだった。 おばさまはそん…

Simple is Beautiful

ものだってそう。よい気を発しているものと暮らしたい。 こうして見ると、80年代から好きなものってほとんど変わってない。

Elimination of Television, etc.

こういうことをいうとスピ系とおもわれるかもしれないけど まぁだれにどうおもわれてもかまわないんだけど ミーはもう、エネルギーレヴェルの高い場所にしか行きたくないし エネルギーレヴェルの高いひととしかつきあいたくないとおもってる。 だからテレビ…

What's Invisible

目に見えないものは信じないというひととは ともだちにはなれないな。 ミーはたぶん目に見えないもののことの方を多く信じてる。

Cleansing

一日の終わりにお風呂に入るってことは 身を清めるってことかも知れない。 一日の間に身についてしまった さまざまなものを洗い流す。 それは目に見えない雑多なものも含めて。

Fish?

羊かんの横にそっと添えられていた「名物 網代焼」。 小魚型…?って、よくみるとたしかにそう…見えなくもない。 その微妙さに微笑んでしまう。 ミーはだいたいこういうのに弱い。

Pride

新潟からはるばる運ばれてきた新野屋の羊かん。 しおりには「生きている」羊かんと書かれていたけれど その言葉がとてもしっくりくる。 日に日にテクスチャーも味わいも変わってくる。 いつも食べてるとらやの羊かんを超えてるね。 っていうかもはや別次元。…

My Biggest Crush on...

ドュバイのハムダン皇太子が大好きだ。 皇太子だからとかお金持ちだからとか 仕事ができるからとか政治に長けてるからとか そういうことで好きなわけじゃない。 そもそもミーはロイヤルファミリーにはまったく興味がない。 ミーがダンダンが好きなのは なに…

This Minimalism

羊羹のミニマルさが好き。 どてっと単純な形。 でも無駄がない。 どこからどこまでも濃茶色。 派手さはないけど すこぶる甘く 小豆の香りが口いっぱいに広がって 何杯でもお茶が飲める。 こういうものにミーもなりたい。

Just About to

オーキッドソレイユの香りはなにかをおもいださせる。 知り合いのだれかが似たような香りをまとっていたとか そういうことじゃなくて、もっと情景的なことだ。 おそらくそれは古い美しい映画の1シーンみたいなもので それをミーが勝手に自分のなかで結びつけ…